주메뉴 바로가기 왼쪽메뉴 바로가기 컨텐츠 바로가기

Spirited challenge!Great Gongju!The Challenge which is Force

麻谷寺

  • 麻谷寺
  • 麻谷寺
  • 麻谷寺

麻谷寺

この寺の名前は、新羅の宝徹和が説法を行うときに信者がまるで麻畑の麻の茎のようだったことから麻谷寺と付けたという。

寺で伝わってくる話によると、新羅の善德女王12年(642年)に慈藏師が創建し、高麗の普照国師が再建したとされるがその根源は確認されておらず、伝わる年代に問題あるのはやむを得ないが、善德女王12年は百済滅亡前の百済義慈王2年に当たる。もし642年の創建が事実だとすれば義慈王2年とならなければならないが、敵対関係の新羅の年代で伝わっている。

金物や金や銀の塗料で写した筆写仏経が今も数点伝えられているが、これは高麗後期の仏経文化の代表的な遺産でもある。この寺について一つ興味深いことは、ここ一帯が朝鮮朝の十勝地跡、つまり戦乱の時に危険の逃れられる特別な地域の一つとして広く知られていることだ。重煥の「擇里志」でも麻谷寺は、文禄の役の戦乱を逃れ、韓国戦争の時も兵火にさらされなかったと伝えられている。

また麻谷寺で5層石塔(宝物第799号)、霊山殿(宝物第800号)、 大雄宝殿(宝物第801号)、 大光宝殿(宝物第802号)、麻谷寺銅製銀入絲香爐、銅鐘、浦渚遺書及び松谷文集板刻、解門、天王門、冥府殿、應眞殿、神儉堂、国師堂、梅花堂、紅晟楼、修禪社、大香閣、靈覺、庫房などとともに宝物第1260号釋迦牟尼掛佛幀は、掛佛幀は肅宗13年(1687年)に製作された釋迦牟尼仏画で、麻布に彩色をして書いた幀と典籍版本を見られるのも、こうした大戦乱を逃れることができたからだ。。

麻谷寺五重石搭(宝物第799号)

麻谷寺五层石塔

寺の境内にそびえるこの搭は搭全体の重量を支える2段の基壇の上に5層の塔身を載せ、頂部に装飾を加えたものです。その独特な頂部装飾から建立時期は元の影響を受けた高麗後期頃であると推測され、高麗後期に元との文化交流が活発に行われる中、ラマ教系統の文化が高麗に入ってきていた一例と言えます。

壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の際、搭内部の宝物はほぼ持ち去られたものの、1972年の解体修理過程で銅製の香炉と掛け金が発見されました。

霊山殿(宝物第800号)

灵山殿

霊山殿とは釈迦牟尼仏とその一代記を描いた八相図を祀る法堂を指すが、この建物は千佛を祀っており、千仏殿とも呼ばれます。朝鮮時代、覚淳大師が寺を再興(1651)した際に修造されたもので、麻谷寺で最も古い建物です。また、建物前面に懸けられた扁額は世祖の筆によるものと伝えられています。朝鮮時代の建築物の体裁を備えており、建築様式研究においても重要な資料となっています。

大雄寶殿(宝物第801号)

大雄宝殿

大雄寶殿は釈迦牟尼仏を祀る法堂を指すが、ここでは釈迦牟尼仏を中心に、薬師如来仏・阿弥陀仏が祀られており、朝鮮時代、覚淳大師が寺を再興した際(1651)に修造されたものと言われています。また、建物の2階に懸けられている扁額は新羅の名筆、金生の筆によるものとされています。建物内部は井の字形に天井と分けられ、天井は2階の大梁と連結されています。また、床部も広く、すっきりとした空間構成が特徴です。

朝鮮中期の2層建築物として、建築史研究において貴重な資料となっています。

大光寶殿(宝物第802号)

大雄宝殿

麻谷寺の中心法堂であり、解脱門・天王門と一直線に配置されています。真理を象徴する毘盧遮那仏を祀る建物で、初めて建立された時期は不明ですが、一度焼失したものを朝鮮時代、純祖13年(1813)に再建したものです。

桟は花模様を織り混ぜた彫刻で飾られ、中央の間の柱の上には龍の頭を彫刻して配置しています。また、天井は井の字形で、仏壇は西側に配置し、仏壇の上には仏像をより厳粛に見せる精巧な仏蓋が設けられています。

内外共に構成や装飾が豊富であり、その独特な建築手法により朝鮮後期建築史研究における貴重な資料となっています。

quick menu
MCT
chungcheongnam-do
KLAFIR
TOP