주메뉴 바로가기 왼쪽메뉴 바로가기 컨텐츠 바로가기

Spirited challenge!Great Gongju!The Challenge which is Force

 

  • 公山城
  • 公山城
  • 公山城

公山城

公山城は史跡第12号で、公州市クムソン洞、山城洞、玉龍洞にまたがっている百済時代の土成400m、朝鮮時代の石城2260mの城郭で、周りが2,660m、面積は21万㎡で、南は市街につながり、北は錦江の沿岸に接している標高110mの盆地型端山に位置し、東西の長さがおよそ800m、南北の長さはおよそ400mの包谷形をなしている。

もともとは土城だったが、朝鮮時代の宣祖、仁祖の時にほとんどが現在のような石城に改築された。

公山城は百済時代の都城ではあるが、百済時代だけではなく歴史の変遷のなかで時代別に一定の機能を遂行したため、それぞれの時代の遺跡が散在している。城の名称は、百済時代の築造当時は熊津城だったが、朝鮮時代には公州山城 -公山城、双樹山城で、公園制度の創設で山城公園とも呼ばれた。城の構造は、石築が約1,925m、土築が約753m、東門址の外の土城467mまで含めて全体が2,660mで、外城を除くと2,193mになる。

quick menu
MCT
chungcheongnam-do
KLAFIR
TOP